モチベーション 仕事

空気の読めない男が仕事で悩まないための5つの方法

投稿日:

自分では気を使って頑張っているつもりなのに

「アイツ、空気が読めないな。」「君は空気が読めないから気をつけなよ。」

と言われて辛い気持ちになっていないでしょうか。私自身、必死に仕事をしていたつもりなのに先輩から「お前は上司に少し空気が読めないな。と言われているぞ。」と聞きたくも無い助言を与えられショックで胸が張り裂けそうでした。

空気が読めないのは「マイペース」や「的を外した発言」が原因。ちょっと仕事場でのコミュニケーション方法を変えるだけで陰口を叩かれなくなります。

今回は空気が読めない男性向けの職場でのコミュニケーション術を5つご紹介します。どうぞご覧下さい。

職場で「空気が読めない」と言われる男の特徴

空気が読めない人の特徴を一言で表すなら「自我が強い」です。分かりやすく言うと「自分を優先する」です。これは自分を守る・自分を良く見せたいと言うことにもつながります。具体的には以下のような行動を取ります。

  • 人に気を使いすぎて仕事が進められない
  • 冗談を真に受けて怒る
  • 上下関係を忘れる
  • ミスをした場合、謝る前に言い訳をする

結果、人間関係でストレスが溜まります。いつも誰かから叱られるんじゃないかとヒヤヒヤしており、仕事の段取りも「叱られない」「自分の仕事を最優先で終わらせたい」となります。

私自身、まさに上記のような行動を取っており先輩から指摘されました。

空気が読めないと言われたら実践したい5つのコミュニケーション術

でも、空気が読めないことへの対処は簡単です。コミュニケーション方法や考え方を変えるだけで済むからです。空気が読めない人は人への気遣いができる性格・真面目な性格なので仕事で評価されやすい力を持っています。

以下の5つの方法を実践しましょう。社内での評価が激変します。

無駄な発言を慎む

朝礼や会議で「何か発言しなければならない。」と思い、些細なことを発言していないでしょうか。空気の読めない人のほとんどが「失言」によりミスをします。

職場では必ずしも発言が好まれるわけではありません。話をしない人でもてきぱき行動していれば認められます。

沈黙

を心がけましょう。

自分のことより人助けを優先する

例えば同僚が重いものを運んでいるとしましょう。あなたは自分の仕事をしています。「俺は自分の仕事で忙しいんだ。」と、同僚を見て見ぬ振りをしていないでしょうか。ドアを開けてあげるだけでも気遣いに喜ばれます。

人を助けて自分の仕事ができなくなるのはダメなのですが、自分の仕事もできて人助けもできると評価が上がります。自分ができる範囲内で人の仕事を手伝ってみましょう。

挨拶や返事は大きくハッキリと

  • 相手が忙しそうだからと挨拶をしない
  • 上司や先輩の方から先に挨拶をする
  • 小声で聴こえるか聴こえないかのレベルで挨拶をする

これは全てダメな挨拶です。自分が挨拶をしたと思っていても、相手に聴こえていない・相手に取って気持ちの良い挨拶では無い場合はマイナス点になります。なぜなら、挨拶は「敵意の無い証拠」だからです。

挨拶をしなかった場合「あいつは俺を嫌っているから挨拶もしてくれない。」と言われるかもしれません。

逆に返事や挨拶を堂々とはっきりできていれば、それだけで人に心地良さを与えます。

先輩・上司と気軽に話せる雑談ネタを用意する

会社内のコミュニケーションのコツは相手の立場を考えること。上司や先輩は年上で既婚者が多いはずです。子どもの話や年配者でも分かる会話をしないと「アイツは自分の好きな話を延々としている。」と言われます。

  • 天気や気温
  • 最近人気の習い事
  • バイク・車
  • ドラマで話題の女優

のように、どんな年齢層でも会話になりやすいジャンルの話題を普段から考えておきましょう。40代50代はファミコン世代なのでスマホゲームも意外と話題になります。

事実、雑談はビジネス書のテーマにもなっています。

言い訳よりも相談をする

「仕事が多すぎて把握できていませんでした。」「気温が高くてボーっとしていました。」など、ミスに対して最初に言い訳をしていないでしょうか。

上司は想像以上にあなたの行動を把握しています。言い訳に対してもちゃんとした指摘で追求します。それよりもまず謝り「どのようにすべきだったのでしょうか。」と相談してみましょう。気を使いすぎて相談できないかもしれませんが、部下の相談に乗ることは上司の仕事の1つです。

まとめ

全て当たり前のことなんですが、コレが分かっていると分かっていないでは社内での過ごしやすさが違います。空気の読めないレッテルを貼られると昇進にも影響します。早い段階で社内でのコミュニケーション方法を上記のように変更しましょう。

私も入社して3年くらいは色んなことを言われ続けました。そこから小まめに相談することを心がけ「気遣いよりもスムーズに仕事を進めること」を第一に考えた結果、昇進することができました。

おすすめ記事

-モチベーション, 仕事

Copyright© Blue Rat Web , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.