Ryotaの活動・お知らせ

婚約破棄を経験して人生観から夢まで、全てが変わった話

投稿日:

2010年の1月。雪が降りそうな寒い日でした。忘れたくても忘れられない。私は7年半付き合った彼女から「婚約破棄」されました。

婚約破棄された時の状況や原因など

その日の夜に珍しく彼女から電話が掛かってきました。面白いもので「良くないことの予感」がして胸がドキっとしました。

電話の内容を細かく覚えてはいませんが、数箇所の部分が消えない傷跡のように頭に刻み込まれています。

「あのね、私、結婚指輪買いにいけないよ。もう1人好きな人が居るの。その人と寝たの。」

そして着信拒否。

愛情やら絶望やらぐちゃぐちゃにシェイクされた感覚。当時は25歳。大人になっても赤ちゃんのように泣くことってあるんだなと思いました。

以後、友人らを巻き込んでドラマのような展開になります。彼女の横には浮気相手の男が居て指示をしていたこと。電話後はケロっとして、共通の知人らをご飯に誘いいつものように過ごそうとしていたこと。

一方で私は自殺を考えマンションの屋上に立ちます。自傷もしました。会社も休み、毎日のように友人らが近くに居てくれました。

でも、彼女だけを責められません。私は婚約した安心感もあり、彼女のことより友人らのことを優先して遊んでいました。電話に出なかったこともあります。

「何であの時ああしてしまったんだろう。こうしていれば・・・。」

のように、後悔ばかりしていました。

「確信したこと」人は二度産まれる

「この先、どうしたら良いんだろう。」

明るい未来が消えてしまい、私は目的を見失った状態です。人と会うのは好きなんですが、考えを内へ溜め込む性格なので自分を責め続けました。でも途中で気付いたんです。

「せめて自分だけは自分のことを好きで居てあげよう。」と。

例えば仕事で人に製品を勧める時。その製品がダメな製品だと思っていたら勧められませんよね。「これは欠陥品だけと買ってもらえないですか?」って。

良く考えれば失ったのは彼女と、彼女との思い出や未来だけ。自分の魅力が失われたわけじゃないですし、使えるお金(結婚資金)と時間は有り余るほどあります。

生まれ変わったと思って、もう1度自分の人生をやり直そうと思ったんです。

婚約破棄後の1ヶ月で実行したこと

人生をやり直すと決断したら何もかもが気に食わなくなりました。

「あれも彼女と相談して買ったもの。これは彼女が好きだと言っていたファッション。」

そう、自分自身で決めたものって凄く少なかったんです。まずは「断捨離」。

  • 衣類の8割を買い替え
  • 髪型の変更、染色
  • 体格の改善、ジムへ通う

が外見的なこと。

次にアウトプットすること。婚約破棄の傷は深く、身体に残り続けています。これを外に吐き出さないと死ぬ。と感じていました。

当時は日記的なブログを書いていました。それを利用し、嫌な事や当時の心境をとにかく書き続けました。

icon-chevron-right Methuselah Blog

人に見られているとは考えても居ませんでした。学生時代のようにごちゃごちゃと思いだけを綴っていました。驚くことにそのブログを見て私に会いに来てくれた人が2人も居たんです。

そこで人生の目的を見つけました。

「発信」

です。

当ブログもそう、自分なりに感じたことを発信して色んな人に役立ってもらえたらどれほど幸せだろうと思いました。数年後に立ち上げたのが婚約破棄ブログ「Live today」。

icon-chevron-right Live today

わずか1ヶ月でそれまでの25年間よりも大きな成長ができたと自負しております。

自分なりに生きていくしかない

私は人からどう思われているかが気になります。怒られるのは恐怖。八方美人でその場を取り繕うことも平気で行います。そんな自分が嫌いでした。変えたいと思い続けていました。

婚約破棄後。

「それで良いじゃないか。」という考えに変わりました。

性格って3歳までにできあがるって言うじゃないですか。「三つ子の魂百まで」と言われるように。私は箸も持てない時期から祖父に迫害を受けました。重くて持てない茶碗を持てなくても叱られ、怒鳴られ。当時からそんな自分はダメだと思い込んでいました。

弱みを抱えていて何がダメなんでしょう。完璧な人なんて居ないし、嫌なことは嫌だ。それよりも自分の長所を伸ばして行こうと考えました。人の気持ちは真っ先に察することができますし、ブログ活動が続いているようにコツコツと結果が出るまで作業をすることができます。周りの反対を押し切って何かを始めることだってできます。

悩んで成長したい意識を持っていれば人は勝手に変わっていきます。なので、悩むことこそ愛したい。と思ったんです。

婚約破棄を経験した皆様へ

今や婚約破棄は10組に1組の割合で行われています。結婚したご夫婦も3組に1組が離婚をしています。決してドラマの中の出来事ではありません。

どうか婚約破棄をして自分を嫌いにならないで下さい。

精一杯やっている自分を認めてあげてください。

人生は1度きりです。人から「それは間違っている。」と言われたことに取り組みましょう。人に与えることを始めてみましょう。やりたかったことリストを作って実現させてみましょう。

婚約破棄をした3日後。唐突に空の眩しさを感じました。冬にしては珍しいほどの晴天。空の青さにも胸を打たれて涙が出ました。あの感覚を私は死ぬまで忘れません。

おすすめ記事

-Ryotaの活動・お知らせ

Copyright© Blue Rat Web , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.