メンズファッション

使いやすいレザートートバッグを選ぶ5つのポイント

投稿日:

長く使えるカバンの代表が「レザートートバッグ」。

男らしさが感じられるだけでなく、カジュアルなファッションをワンランク上に格上げしてくれる便利アイテムの1つです。しかし、選び方を間違えると使いにくくコーディネートにも合わせにくいアイテムになります。

今回は1つのレザートートバッグを5年以上愛用している私が長く使いやすいレザートートバッグの選び方を5つに分けてご紹介します。

レザートートバッグを選ぶ5ポイント

私が愛用しているのはこちら。altoのレザートートバッグです。大きさはA4サイズがギリギリ入る程度で、見た目通りシンプルなデザインです。値段は20,000円前後です。

私がこれを選んだのには理由があるんです。

大きすぎず、小さすぎないサイズ

男性向けのレザートートバッグはほとんど大きいサイズです。

A4サイズの書類を入れてもサイズに余裕がある

が基本に作られています。大きいので収納面に不安はありません。しかし、肩に掛けた際に大きすぎてスマートさに欠けます。外食でも置き場に困ることがあります。

私はワンサイズ下のサイズ・・・A4サイズの書類がギリギリ入るかどうか程度の大きさをお勧めします。

  • 主張し過ぎない
  • 女子っぽさが弱まる
  • 使い勝手が良い

ためです。男の持ち物はそれほど多くありません。このサイズのレザートートバッグでも余裕があるほどです。無駄に大きいものを持つ必要はありません。

革の良さが目立つシンプルなデザイン

このレザートートは見た目どおり、無駄がほとんどありません。持ち手の金具と締め具がある程度で、それ以外のデザインはありません。

デザインはシンプルなほどフォーマルになり、ゴチャゴチャするほどカジュアルになります。

レザートートは日常的に持つカバンですから、どんなコーデにも合わせられるようシンプルデザインで「黒色」を選びましょう。

キレイ目コーデが必要なデート時に使えるのはもちろん、ジーンズ+ポロシャツのようなスタイルでも上品さを加えてくれます。デザインが少ない方が作りがシンプルになり壊れにくくなるメリットもあります。

厚くて丈夫な革

レザートートバッグはラフに使うカバンです。

  • 床に置く
  • たくさんの買い物品を入れる
  • 車の中に投げ入れる

男ならこのようにカバンを使います。その状況にも耐えられる厚くて丈夫な革を選ぶ必要があります。

ポイントは、

  1. 底の作りがしっかりしている(レザートート単独で立てられる)
  2. 1枚革で作られている
  3. 革が分厚い(どちらかと言えばかため)

の3点です。持ち手がちぎれることもあるため、持ち手まで革で作られていれば最高ですね。

内ポケットがある

耐久性と見た目の良さだけがカバンの全てではありません。機能性も重要です。中にポケットが無いと財布を取り出すのも一苦労になります。インナーバッグを使って整理するのもアリですが、カバン自体にポケットがあると便利です。

私の使っているレザートートバッグには2箇所ポケットがあります。こちらにスマホやマスク・飴などの小物を入れ、財布や文庫本は普通に入れています。

持ち手が短い

メンズ向けのレザートートバッグでも持ち手が細く長いものが多く作られています。

持ち手の細さはカバンに女性っぽさを与えます。

長い持ち手はバッグを手で持つと地面すれすれになり、肩に掛けるとショッピングバッグの雰囲気が出ます。

  • 持ち手の長さが変えられる
  • 持ち手も本革で作られている
  • 平らで太い

の3ポイントに注目することで使いやすく男っぽいレザートートバッグを選ぶことができます。

レザートートバッグを5年使って分かったこと

丈夫と言われているポーターのカバンでさえ、休日の度に使用していると3年で亀裂ができます。合皮はいつかひび割れてしまうのです。

本革のカバンはメンテナンスを行えば10年単位で使うことができます。小さな傷やシミも使い込んだ味になり、買った当初より愛着がわいて来ます。

また、男性のアイテムはどこかに革が使われていることが多いです。腕時計のベルト、キーケース、靴、どれも本革で作られたものがあります。カバン以外にも本革アイテムを使うことでコーディネートに一体感が出ます。そういう意味でもレザートートバッグはコーディネートを選びません。

丈夫なので夏だろうが冬だろうが、どんな季節でも使うことができます。

キャンパス生地のカバンに比べれば値段は高いですが、長く使えるのでコスパの高いアイテムと言えます。

まとめ

色んなタイプのカバンを使ってきましたが、レザートートは抜群に使いやすいですね。肩掛けカバンってジャケットやポロシャツと合わせるとカジュアルになっちゃうんですよ。せっかくのスタイルも崩れちゃいますし。たまにフードの上にカバンの紐をかけている人を見かけます。正面だけに意識を向けていると、後ろ姿で台無しになることもあります。

手で持つバッグは服を型崩れさせません。その点でもレザートートはオールマイティーに使えます。ただし、雨には弱いので注意しましょう。

おすすめ記事

-メンズファッション,

Copyright© Blue Rat Web , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.