メンズファッション

逆にどうしてクラークスのスエード靴を買わないの?

更新日:

「スエード靴=クラークスのイメージがあるけど、そんなに良いの?」

「GUでも格安合皮スエード出てるけど、見た目は一緒じゃん。」

クラークスに興味があるけど、評価が知りたい。そんなあなたに向けた記事内容となっています。

 

30代ファッションブロガーのRyotaです。

年齢と共に靴の大事さに気づいてきませんか?

年配の男性や女性は男の靴を見ます。靴に気を使える男性は細かい気配りができるためです。(スナックでは靴で経済力を見抜くとまで言われていますね。)

そこで取り入れて欲しいのがスエード靴。

手入れが簡単で便利だからです。スニーカーのように汚れる不安もありません。逆になんてスエード靴を買わないのか説明して欲しいほど。

今回はスエード靴のメリットと、私が偏愛しているスエード靴の大定番ブランド「クラークス」をご紹介します。

クラークスが欲しいけど後の一歩が出ないあなた。どうぞご覧下さい。

1.お勧めのスエード靴ブランドが『クラークス』という理由

スエード靴にどんなイメージを持っていますか?

「手入れが大変そう。」

「秋・冬じゃないと季節感に合わない。」

そんなマイナスイメージがあると思います。

スエード靴は革靴より手入れが簡単でオールシーズン使えるアイテムです。

その中でもクラークスはコスパの良いブランドです。

  • カシミアセーターを触っているような柔らかい起毛
  • 水を弾く高い防水性
  • 柔らかいため靴ずれしづらく歩きやすい
  • 30%以上のセールをする

ためです。

①スエード靴の老舗ブランド「クラークス」について

Clarks のシューズ | Clarks jpオフィシャルサイト
Clarks のシューズは、オンラインで探せます。Clarks のウィメンズ、メンズ、キッズのシューズは、サイズと幅が豊富に揃っています。

クラークスはスエード靴の老舗ブランドです。

1825年にイングランドで誕生した世界的なブランドです。ワラビー・ナタリーと言った、他ブランドがこぞって真似をするデザインを誕生させたのもクラークスです。

当ブログのスエード靴もクラークスの代名詞とも言える「サンドスエード」の靴です。

スエード靴の好きな私は色んなブランドのスエード靴を試着しました。

先ほどの繰り返しになりますが、クラークスのスエード靴は、

  • 毛羽立ちを感じないほど滑らか。
  • 歩きやすく、靴擦れがほとんど無い
  • 定番品は値段が下がりやすい

というメリットがあります。

私の人生で5年以上履き続けてもダメにならない靴が13,000円代で購入できるのはクラークスだけでした。

②クラークスの靴を6年間履き続けた体験談

私が持っているクラークスの靴は全部で4足。

定番のサンドスエード以外に、ナタリーと言うソールが靴の前にまで飛び出しているタイプも持っています。

私は徒歩で移動するのが大好きです。

1駅程度なら歩いてしまいます。

クラークスのスエード靴を週に2回、4キロ以上歩くイメージで履き続けました。

今まで2年で靴を潰してしまっていたのですが、クラークスのスエード靴のみは原型そのままです。ソールは一部減ってきましたが、交換するほどではありません。

クラークスの店員さんに耐久性を聞いたところ、

「定期的にスプレーをかけ、ソールを交換すればほぼ一生使えますよ。」

とのことでした。

③クラークスのワラビーとは

クラークスは『ワラビー』という定番デザインがあります。

photo by:zozotown

アメリカの先住民が履いていたスリッポン系の形で、履き心地の良さから定番品になりました。

このワラビーが元になり各社が同じデザインを作っています。

クラークスはいわばオリジナル品。今でもクラークスのワラビーだけを履き続ける人もいます。

2.スエード靴の基本手入れはたったの2つ

スエードは革の裏を毛羽立てた柔らかい素材です。

毛羽立っているため水分を弾き、汚れに強い特徴があります。革靴と同じようにクリームを塗るとせっかくの毛羽立ちが無くなってしまいます。

なので、基本の手入れは2つ。

  • ブラッシング
  • スエード用の防水・補色スプレーをつける

これを1ヶ月に1回行えばOKです。

私はクラークスのスエード靴を6年履いておりますが、ソールの磨り減り以外は全く問題の無い状態を保っています。

①実は雨に強い

革は雨に弱いのですが、スエードは別です。

毛羽立っているため水分を弾きます。防水スプレーをかけた後は靴の上を水滴が滑るほどの防水性能になります。

汚れたら即拭かないといけない革靴に比べてスエード靴は雨や汚れに強いです。雨の日こそスエード靴を履くべきです。

ブーツタイプだと長さがあるため水溜りにも強くなります。

革なので、色出し+防水性のあるスプレーがお勧めです。

定番品はこちら。私も愛用しています。

(どこも値段が変わらない製品のため、Amazonで買っています。)

間に金属が入っている起毛用ブラシも買いましょう。防水前に汚れを落とし、防水後に毛羽立たせることができます。

②カジュアルにもビジネスにも

スエード靴は素材が「スエード」なだけであり、革靴と同じようなデザインで作られたものがたくさんあります。

ダークブラウンやブラックを選べばビジネスシーンでも履けます。

革靴と違い光沢が無いので柔らかい雰囲気を演出できます。

③実はデニムと相性抜群

カジュアル路線になり過ぎるデニムにはスニーカーではなく革靴を合わせた方が大人っぽくなります。

スエード靴は革靴と同じような使い方ができるので、デニムとの相性は抜群!

「革靴を履くまでバシっと決めたく無いけど、スニーカーでは幼すぎる。」

とお悩みのあなたこそ、スエード靴をデニムに合わせるべきです。

 

まとめ

20代前半の頃は絶対にスエード靴なんて買いませんでしたね。

何か「おっさんぽいイメージ」があったからです。20代後半になるとその「おっさんぽさ」が大人っぽさであることに気づきました。

スエード靴のコスパは本当に高いんです。皆さんも1足試してみてはいかがでしょう。スニーカーに戻れなくなるかもしれません。

おすすめ記事

-メンズファッション,
-

Copyright© Blue Rat Web , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.