モテない男たちへ 恋愛

デートの時の財布の中身。恥をかかないための金額が〇〇万円な理由

投稿日:

デートの時にいくらお金を持っていくべきか悩みますよね。多すぎると何かあった時や無駄遣いが不安だし、少なすぎて恥をかくのは辛い。

男性が持参する平均額は2万円前後なんですが、私はコレに反対します。

最低3万円。できれば5万円持参すべきと思っています。ですが、コレ以上の額は必要ありません。その理由を詳しくお話しますのでどうぞご覧下さい。

デートで男が持っていく金額が3~5万円である理由

なぜデートの時に持って行くお金の額に悩むのか。それは、

恥をかきたくないから

ですよね。

デートの成否は女性が楽しめたかどうかで決まります。あなたが楽しめたかどうかではありません。お金が足りなくなって女性が払うことになったら格好悪い+女性から「頼りない男」と思われるので終わりです。

「男ばっかりお金で悩まなくても良いんじゃない?」

とお思いでしょう。しかし、その女性と仲良くなりたくてデートをするのですから目標達成のためにお金をフルに使うのは正しい行動です。

1日デートするとして、

ランチ+カフェ+ディナー代の2人分

を持つのが最低ライン。社会人ならランチでも1人1,500円。カフェは1人1,000円。ディナーは1人5,000円を考えておきましょう。合計で15,000円。残りの5,000円でイレギュラー的な出費(あれが食べたいとか、あそこのイベントに参加したいとか。)をまかなうのは不安です。

なので3~5万円が必須だと言えます。

男が全額払う姿勢は必須

「割り勘しない女とは付き合わない。」

と言う意見もあります。これ、かなり難しい考え方で、

デートをするのはその女性が気になったから。デートをする以上はレディファーストして女性と仲良くなることが目的。

なので、割り勘は目的達成に向けた行動ではありません。女性は男性にできるだけスマートに率先して欲しいと考えています。最初のデートくらいおごってくれる気前の良さを希望しています。

でも、お金に対する意識をデートで知りたいと思うのも素敵な考え方です。

しかし、我々男は女性のコミュニケーション能力の高さを見くびっています。デートで「ケチ」と思われると、その情報が女性の周りに一気に広まります。

デート代を全額支払った上でその女性と価値観や考え方が合わなければ仕方ありません。それで終わりにしましょう。それならケチの情報も広まりませんし、あなたもスッキリ別れられます。

お金が足りない=その後に何もできない

財布の中身が減ってくると「不安」になります。「このお店、高くないかな。」「二次会行っても何とかなるかな。」不安になると行動力が無くなります。何かをするにもちょっと考えるようになります。

居酒屋でも安いメニューを頼んだり、注文を控えます。女性って凄くて、男のこういう所を直ぐに見抜きます。「あ、お金足りないんだな。」って。

そうなるとどうなるか。女性も気を使うようになります。早めにデートを切り上げようとしたり、注文を控えたり。気を使い合うデートって楽しくないので、デートが失敗しやすくなります。

一定額のお金を持っておくことで何が合っても大丈夫な安心感を得られます。

クレジットカードだけじゃダメなの?

私は恋愛でクレジットカードの有無は重要だと思っています。

「クレジットカードを持つと盗まれた時が怖い。」「お金を使いすぎるから持ちたくない。」のは、自己管理ができていないと判断される恐れがあります。

お金を支払う際にクレジットカード払いならいくら支払ったのかを隠せます。支払いも直ぐに終わるので、デートで一番気を使う「支払い時間」を短くすることができます。

さらに、お金が足りない時の安心感にもなります。

なら現金をたくさん持つ必要は無いんじゃないの?

クレジットカードだけで大丈夫かと言えばそうでもありません。クレジットカードを使えないシーンもあるためです。事前に予約したお店ならカードが使えるかを聞いておけますが、急に入ったお店だと分かりません。

小額ならカード払いより現金の方が「細かすぎない」と思われます。

まとめ

「恋愛はお金じゃない!」と言う人も居ますが、やっぱり経済力は大事。お金持ちである必要はありません。でも、デート代くらいは自由に使える男性の方がモテます。

途中でも書きましたが

デートの成否は女性が楽しんだかどうか

です。

デートを失敗させる不安は全て解決しておきましょう。

 

おすすめ記事

-モテない男たちへ, 恋愛

Copyright© Blue Rat Web , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.