お酒 つまみ

安い!旨い!簡単にできる日本酒のつまみなら「豆腐の味噌漬け」

投稿日:

お酒のつまみって高いと思いません?ビーフジャーキーや燻製物だと1品で500円以上します。それよりも、自分で作った方が安くて好みの味付けのものを食べられます。何より、お手製のつまみでお酒を飲むと美味しさ2倍!

そこで今回は日本酒のつまみにピッタリな「豆腐の味噌漬け」のレシピをご紹介します。私も実際に作ってみました。平日の仕事終わりでも簡単に仕込むことができます。日持ちもしますし、チーズのような濃厚な味わいになりました。これで50円以下だからコスパ抜群です。

豆腐の味噌漬けレシピ

材料: 豆腐1丁 味噌大さじ4 みりん大さじ2

1.まず豆腐を用意します。安い豆腐で構いません。私は1丁37円の木綿豆腐にしました。絹ごしでも作れますが、個人的には木綿がお勧め。

2.豆腐に皿などの重石をして水分を抜きます。1丁は量が多いので1時間~2時間乗せ続けましょう。定期的に抜けた水分を捨ててください。

3.キッチンペーパーを巻き、さらに水分を抜きます。この時点でかなり水分が抜けて固くなっていることが分かります。が、豆腐1丁の水分量はかなりのものです。後で味噌をつけて冷蔵庫で寝かせるのですが、その際に水が出てしまうと味が落ちるだけでなく日持ちも悪くなります。できるだけ味噌をつける前に水分を抜いてしまうのがコツです。

4.サランラップに味噌とみりんを混ぜたものを塗り、豆腐を包みます。味噌とみりんの量を増やし、タッパーの中で豆腐を漬け込んでしまうのもお勧めです。味が濃くなるので、よりお酒に合います。今回は手軽にサランラップに味噌を塗って漬け込むことにしました。

5.タッパーに入れて冷蔵庫で1~2日間寝かせる。水分が出ている場合は定期的に捨ててください。水臭さや冷蔵庫臭さの原因になります。豆腐を半分に切っておくのもお勧めです。

6.豆腐が固くなっていることを確認し、好みの大きさに切り分けて食べましょう。私はスプーンですくって食べました。味が濃すぎれば味噌を取り除いて食べて下さい。味が薄ければ塩をつけると美味しくなりますよ。

どんな日本酒と合わせるべき?

味噌とみりんで甘さが出ているので、辛口の日本酒と合わせると良いでしょう。例えば『剣菱』。日本の辛口日本酒ベスト5に必ず入ってくるレベルで辛いです。

逆ににごり酒・おり酒のように甘口の日本酒と合わせると物足りないと思います。その際はみりんの量を減らしたり、塩を入れるなど豆腐の味噌漬けの味を変えてみましょう。

今回は安い豆腐で作っていますが、大豆の旨みがしっかり出ている1丁100円以上の豆腐で作るのもお勧めです。より高級な味を楽しむことができます。

味噌が苦手なら燻製もお勧めです。豆腐を燻製するとクリームチーズのようにねっとりとして濃厚な味わいになります。お酒のつまみとして販売もされていますね。

まとめ

美味しいつまみはお酒も美味しくします。今回ご紹介した味噌漬けは水分がしっかり抜けていれば10日ほど持ちます。常に冷蔵庫に常備しておくのもお勧めです。

味噌を変えて味を楽しむのも良いですし、醤油で漬けてから作るのも良いでしょう。材料費が安いので色々と試しても負担がありません。好みの豆腐の食べ方を研究してみましょう。

おすすめ記事

-お酒, つまみ

Copyright© Blue Rat Web , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.