お酒 ウイスキー

ブラックニッカディープブレンドの評判がウイスキー好きの中で高い理由

投稿日:

安くて旨いデイリーウイスキーをお探しでは無いでしょうか。それなら今回ご紹介するブラックニッカディープブレンドがイチオシです。

私はブラックニッカにそれほど期待をしていませんでした。「どうせ安いウイスキーなんだから」と考えていたためです。

しかし、ブラックニッカディープブレンドはネットでの評判が上々。ウイスキー好きのブロガーさんらも「これはコスパNo.1かも。」と紹介するくらいです。

 

実際に飲んでみてビックリ!あなたにもお勧めしたくなる1本でした。詳しくご紹介するので是非ご覧下さい。

ブラックニッカディープブレンドの旨い!と感じた点

最寄のリカーマウンテンで発見したので購入。値段は1,200円ほど。ネットより安い価格でした。ちなみにAmazonだと1,400円台で買えます。(1,200円切る時もありますね。)

ブラックニッカはニッカウヰスキーが製造してアサヒビールが販売しているウイスキー。朝ドラのマッサンでもお馴染ですね。

マッサンとリタの物語 | NIKKA WHISKY
マッサンとリタの物語。ウイスキーに生涯を捧げたニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝。彼を“マッサン”と呼び、故郷を遠く離れた日本で共に生きた妻・リタ。ふたりは、行く手にどんな困難が立ちふさがろうとも決して諦めることなく、ひたむきに夢を追い続けました。

アルコール度数と香りを高めたワンランク上のブラックニッカがブラックニッカディープブレンドです。

実際に飲んでみた結果がこちら。まずは良かった点から。

ストレート・ロックでの甘み

ストレートで飲むと『サントリーオールド』のような飲みやすい甘い香りが印象的でした。スモーキーな香りが強いとの評判がありましたが、それほどでもありません。

ロックでもストレートの味わいは落ちません。冷やされて香りが飛んでしまうこともありませんでした。

安いウイスキーにありがちな『物足りなさ』が無い

1,000円前後のウイスキーにありがちなのが水っぽさ。インスタントコーヒーの分量を間違えて作ったような、飲み足りない物足りなさがあります。

ブラックニッカディープブレンドは1,000円台のウイスキーなのに『飲んだ後の満足感』がありました。この満足感の正体は度数の高さと香りです。度数を上げているけど、アルコールの強さを感じさせない風味作りができていました。

ハイボールだとスッキリした印象に

私は『甘い香りの強いウイスキー』をハイボールにするのが苦手です。それなら、本当に甘いハニーフレーバーのウイスキーを使えば良いと思っているためです。

ブラックニッカディープブレンドに甘い香りがあるのは前述した通り。ハイボールにしてみましたが、期待はしていませんでした。

すると・・・

 

意外と旨い!

 

理由は、

  • 度数の高さが飲みごたえを出している
  • 甘みが抑えられ、スッキリした印象だけが残っている
  • 後からスモーキーな香りが出る

の3点。

全てにおいて『度数の高さ』がプラスに働いていました。

ブラックニッカディープブレンドの物足りなかった点

一方で

「これはあんまりだったなー。」

という点もあります。完成度の高いウイスキーではありますが、以下の1点だけはマイナスでした。

加水すると良さが半減

水割りで飲んだ所、香りも飛び、安っぽいウイスキーに早代わり。加水するのならミネラルウォーターで少量だけにしましょう。氷と水の両方を加えてしまうと、せっかくの香りが台無しです。

ブラックニッカディープブレンドのネット評判とは

せっかくなので、ネットでの評判もお伝えします。Amazonでは☆4.4の高評価。マイナスなコメントもほとんどありません。

ツイッターだと・・・

ツイッターでは『不味い』『物足りない』などのネガティブコメントが一切見つからなかったのが印象的です。飲み方はハイボールが7割。3割がストレートでした。

今回ご紹介したブラックニッカディープブレンドはこちら

私はリカマンで安く買えましたが、ネットならAmazonがお勧め。

1,400~1,200円台で購入できます。少し変動があるようです。

デイリーウイスキーとしては優秀。値段以上の味わいがありました。1,000円台で旨いウイスキーを探しているのなら、是非とも候補に加えてください。

おすすめ記事

-お酒, ウイスキー

Copyright© Blue Rat Web , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.