お酒 カクテル

「本当にエリクサー」トニックで割るだけで旨い!シャルトリューズの良さをご紹介

投稿日:

こんにちは、ストレス解消の秘訣はお酒。編集長Ryota(@Blue_Rat_Web)です。

今までに色んなお酒を飲んできました。その中でもお気に入りなのが「シャルトリューズ」。ハーブ系リキュールの1つです。

かなり薬っぽく度数の強いお酒なのですが、トニックで割るだけでジントニックレベルで美味しいカクテルに早代わり。手っ取り早く旨いお酒が飲みたいあなたにピッタリです。

しかも・・・これ

 

エリクサーの一種

 

なんです。

男なら飲んでみるしかないですよね。今回はシャルトリューズの良さをひたすら語らせて頂きます。ちょっと通なお酒が飲みたいあなた。必見です。

シャルトリューズとは

カルトジオ会に伝えられた薬草系リキュールの銘酒で、「リキュールの女王」とも称される。エリクサーの一種であり、フランスを代表するリキュールのひとつとされる。

by:Wiki

ざっくり説明すると、修道院で作られたハーブ系のお酒です。

修道院では主にビールが作られており、ビールは「液体のパン」と呼ばれていました。断食の時でも飲み物はOKだったので、栄養素の高いビールが飲まれたためです。

Ryota
・・・皆、逃げ道作るなぁ。

薬草酒の一種で本当に「エリクサー」

ファイナルファンタジーでお馴染の全回復アイテム「エリクサー」。この名前を与えられた飲み物が本当にあることをご存知でしょうか。

今回ご紹介しているシャルトリューズも「エリクサー」の一種です。「万能薬」や「治療薬」として使われることが多く、主にハーブ系のお酒がエリクサーとして扱われます。

これは主観的な意見ですが、

度数が高いので気つけ薬や消毒として使え、ハーブが入っているので栄養価の高いことから万能薬として名が知られるようになったと考えられます。

ウイスキーレベルの高い度数

で、肝心の度数はと言えば・・・

 

イエローは40℃

グリーンは55℃

 

リキュールの癖にウイスキーレベル。グリーンに至っては一般的なお酒の度数を超えて来ます。お酒に弱い人は飲めません。お気をつけ下さい。

まとめると、

ハーブ系で癖が強く、度数が高くて普通の人は飲めない。

通好みなリキュールです。

シャルトリューズの味わい

ハーブ系で癖が強いと散々言ってきておりますが、改めてシャルトリューズの味について解説したいと思います。

ハーブが強く、癖の強い「ジン」

似ているお酒は「ジン」。ジンもハーブ的で人によっては薬臭さを感じます。シャルトリューズはジンをもっと薬っぽくした感じ。個人的には養命酒が一番近いと思ってます。

ジンとの致命的な違いは「甘さ」。

度数が強くてメチャクチャ甘いので、常温のストレートでは飲めたものじゃありません。

 

割ることを前提

 

にして飲みましょう。度数も減って飲みやすくなります。

お勧めはキンキンに冷やしてトニック割り

私のお勧めは

 

シャルトリューズトニック

 

です。

ジントニックと似ていますが、こちらはライムを入れずにトニックで割るだけ。ポイントは全てをキンキンに冷やすこと。トニック・シャルトリューズはもちろん、グラスを冷やすことも忘れずに。氷もぎっしり入れましょう。

シャルトリューズの薬っぽさが無くなり、トニックの苦味と爽やかさで甘さも落ち着きます。夏にピッタリのカクテルです。

通だけが飲むカクテル「アラスカ」

シャルトリューズを使ったもう1つの代表的カクテルがこの「アラスカ」。

サントリーのレシピを参考にすると、

ビーフィータージン45ml シャルトリューズ ジョーヌ15mlをシェイクする

by:サントリー

です。

どちら40度のお酒を使った濃いお酒。シェイクしたとしても35度前後の濃さです。

グリーンシャルトリューズを使うとグリーンアラスカと言うカクテルになります。度数はさらに上がります。

口の中で転がしていると徐々に甘みを感じる不思議なカクテル。私は自分以外で頼んだ人を見たことはありません。「アラスカ」と聞いて直ぐに作ってくれるバーも少ないんじゃないでしょうか。酔いたい日にピッタリです。

まとめ

栄養素も高く、度数も高い。疲れた金曜日に熟睡したい人にぴったりな「エリクサー」です。あなたも話題として1本常備してみてはいかがでしょう。

おすすめ記事

-お酒, カクテル

Copyright© Blue Rat Web , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.