コラム

「何も自分からできない30代」がしていない、30歳からの勉強法

投稿日:

こんにちは、アフィリエイター兼WEBメディア編集長のRyota(@Blue_Rat_Web)です。私は複数の仕事に取り組むパラレルワーカーなので、とにかく行動力が求められます。正社員勤めの会社から帰宅後にライター業をサボっていては仕事が終わらない。自分なりに「どうやったら成功するか、効率良く出来るか」を考え、改善し、実行しています。

行動には勉強が必須。

本で勉強、当たり前。経験豊富な年上の人から意見を聞く、当たり前。

 

30歳になって実践して欲しいのが

年下の意見を参考にする・年下から学ぶ

です。

 

年齢と共に見ているものが変わる

30代になって感じることに、

  • 吸収力の減衰
  • 保守的な考えの台頭

があります。

 

20代は自分を変えようと思う気持ちが強く、積極的にインプットのため行動します。同じ考えの仲間を持ちやすいのもこの時期。行動力のある20代なら気になったものは全て取り入れようとします。

 

30代になると「守り」に入ります。プライドが肥大化し、自分を凄いと思わせることに必死になります。これが保守的な気持ちを強めます。若者の意見を「間違っている」と言い、自分の正しさを正当化することに力を注ぎます。するとどうなるか。新鮮な情報が入ってこなくなります。ただでさえ吸収力が落ちているのに、新鮮な情報が無くなるのは成長をストップさせるようなもの。

 

私は30歳になった時に焦りました。

「もう自分の人生で一番脂の乗り切っている時期が過ぎようとしている。」と。気がつけば同年代の若手女優はママ役を任されるようになり、自分より遥かに能力のある20代が続々と登場しています。

 

何とかして置いていかれないよう、努力しないといけない。

 

そのためには結局、勉強するしか無いのです。

年下を師匠にしても良い

顔出しツイッターアカウントを作ってから20代ブロガーの呟きが目に入るようになりました。そこで見つけたのがプロブロガーの「あんちゃ」さん。

 

 

彼女のブログの発信力、収益化は度肝を抜かれました。私もブログを収益化していますが、アフィリエイト・アドセンスのみだったためです。彼女は広告も自身で募集し、出張相談など独自のサービスを展開。オリジナルの収益化を始めています。自身のツイッターを顔出しにし、当メディアプロフィールも顔写真にしたのは彼女の影響。

 

今の時代、顔を出している人が多いので昔のように不安がることはありません。それ以上のメリットがあります。オリジナリティとか信用度とか。

 

 

仕事に対する考え方も共感する部分が多く、今一番参考にしているのは彼女のブログ。「年齢」にこだわって学ぶ姿勢を崩すことは中身の無い説教をする頑固ジジイと一緒です。

社会的な上下関係から脱却すると情報が変わる

会社に居ると年下との関係が上下関係になってしまいます。若者も先輩や上司を「年上の人」と言うより、神様みたいに接します。評価(給与)が関係しますからね、仕方ありません。若者は言いたい意見があるのに言えません。言っても「それは違う。」とバッサリ切られて終わり。

 

会社外の出会いは上下関係がありません。それぞれの人が好きな意見を言い合うことができます。

 

髪型1つでもそう。ツーブロックも会社では「刈り上げてるの?」と言われますけど、外に出て若者の意見を聞くと「イケテますねー!」ってなります。「俺、若者から見てイケてる?!」と思わずニコっとしてみたり。

身近な人だけの価値観で凝り固まるのは凄く危険。世間では古いことがそのコミュニティでは「最新!凄い!便利!」になるから。

おっちゃんたちが「インスタグラム?何それ?」と言っている間に若者はインストールして遊び始め、収益化を開始している。この例だけでも若者と接する重要さが分かります。

年齢問わず敬意を払おう

音大時代、生徒全てに敬語で話す先生が居ました。

私「どうして先生は僕達生徒にも敬語なんですか?」

先生「生徒から学ぶことが多いからです。」

これ、衝撃でした。

ずっと先生は生徒に教えるもの。生徒より何でも知っていると思っていたからです。今日言いたかったことを全てまとめている一言。年齢関係無く、自分が「凄い」と思える人から素直に学びましょう。気付けば実力が付きますから。

まとめ

その音大時代の先生ですが。

生徒と結婚

しました。あー、うん。先生、色んな意味で凄いです。

おすすめ記事

-コラム

Copyright© Blue Rat Web , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.